戦後、日本の食卓は洋風化に向けていそがしく変貌を遂げてきました。でも、今その食のあり方が、見直されつつあります。日本食のもつ良さの再発見です。それは日本にとどまらず、世界中で評価されつつあります。そんな日本食のなかにあって、けっして目立ちませんが、隠し味としてお料理のコクや旨みを増す調味料が、「本みりん」なのです。歴史は古いのに、その調理効果などが余り知られていない「本みりん」について、もっと皆様に知っていただくためにこのホームページを作成しました。どうぞよろしくお願いいたします。

新着情報

平成29年9月14日

11月30日(水)に50組100名様を無料でご招待して、「本みりんの日」記念イベント賛否両論店主 笠原将弘料理トークショー&ビュッフェパーティーが開催されます。                           (全国味淋協会、全国本みりん協議会共催)                         お申し込みは全国味淋協会HP http://www.honmirin.org/                 募集期間:9月14日~10月13日。(募集は終了しました)


平成29年6月2日

第38回みりん研究会を安保ホール(名古屋)で開催しました。岐阜大学名誉教授 長野宏子氏、株式会社ビオック 常務取締役研究室長 和久豊氏、ウェスティンナゴヤキャッスル副総料理長兼クラウン料理長 鈴木直也氏の講演がありました。


平成28年12月1日

11月30日「本みりんの日」記念講演会&ビュッフェパーティーが、一般応募者50組100名様をご招待して、開催されました。東京農業大学 舘 博教授より「本みりんの調理効果」についてユーモアを交えたわかりやすい講演があり、続いて日本料理「賛否両論」店主笠原将弘マスターの料理実演&トークショーがありました。本みりんの使い方をわかりやすくお話しされました。ビュッフェパーティーでは、笠原マスターオリジナル料理試食があり、また全て本みりんを使った料理がでました。豪華賞品が当たるクイズ大会もあり大変盛り上がり、本みりんの良さを実感できるイベントとなりました。
笠原マスターのオリジナル料理は、「鶏と長芋の八幡巻きみりんだれ」「くるみ入りみりんゆべし」です。詳しいレシピは、全国味淋協会HPに掲載されています。http://www.honmirin.org/page/kasaharachef2016.html

 


 平成28年9月14日

 11月30日(水)に50組100名様を無料でご招待して、「本みりんの日」記念イベント 賛否両論店主 笠原将弘料理トークショー&ビュッフェパーティーが開催されます。(全国味淋協会、全国旧式みりん協議会協賛)。お申し込みは全国味淋協会HP http://www.honmirin.org/           募集期間:9月14日~10月12日 (10月12日までの募集で募集は終了しています)

 

 平成28年6月17日  
 第37回みりん研究会をAP東京八重洲通り(東京)で開催しました。東京農業大学教授 阿久澤さゆり氏、近茶流嗣家 柳原尚之氏、和食文化国民会議会長・ミホミュージアム館長 熊倉功夫氏の講演がありました。


平成27年12月1日  
 11月30日「本みりんの日」記念講演会&ビュッフェパーティーが、50組100名様をご招待して、開催されました。東京農大舘教授より「本みりんの調理効果」について分かり易い説明があり、そのあと日本料理「賛否両論」店主笠原将弘氏により、この日のためのオリジナル料理の実演と本みりんや料理についての軽妙なトークショーがありました。ビュッフェパーティーでは笠原マスターのオリジナル料理試食があり、また全て本みりんを使った料理がでました。豪華賞品があたるクイズ大会もあり大変盛り上がったイベントとなりました。皆さん本みりんの調理効果を実感しておられました。


平成27年9月10日  11月30日に50組100名様を無料ご招待して、「本みりんの日」記念 賛否両論店主笠原将弘料理トークショー&ビュッフェパーティーが、開催されます(全国味淋協会、全国旧式みりん協議会共催)。詳しくは全国味淋協会HP http://www.honmirin.org       平成27年9月24日で募集は終了しました。


平成27年4月1日  みりん研究会ホームページをリニュアルしました。

平成27年3月5日  和食文化国民会議賛助会員に入会しました。和食文化の発展、継承に努めてまいります。